保存動輪 D51241

D51241動輪 北海道追分町 追分鉄道記念館に保存  寅さん御提供

モニュメントの説明板

D51241

昭和14年(1939)12月、鉄道省苗穂工場製(製造番号5)。新製と同時に追分機関区に配属。室蘭・夕張線を職場とし、廃車まで終生追分を離れず、また生まれた地・苗穂工場の担当さえ離れなかったまさに「追分一筋のD51」だった。その履歴もあって昭和50年12月、国鉄営業線を走った最後の貨物列車の牽引の任に当り、数千両に及ぶ国鉄蒸機のたどった道のりの掉尾を飾った。51年3月10日の廃車後は当然地元に保存が決まっていた。しかし周知の通り保管中の昭和51年4月13日、追分機関区が火災に逢い、同じく保存が内定していた最後の仲間たちとともに被災、惜しくも保存は取り消されてしまった。しかしながらその履歴を惜しむ人たちの尽力により、機関区跡に作られた「追分鉄道記念館」(D51320などが静態保存)に煙室扉・プレートなどとともに立派なモニュメントとして動輪は保存されている。


リストその2へ リストその3へ リストその4へ 型式・番号順リストへ 保存動輪トップへ トップページへ  
『鉄・街・道』掲示板 管理者へメール