保存動輪 D51855

D51855動輪 北海道 JR苗穂駅前に保存 寅さん御提供


D51855

昭和18年(1943)10月3日、鉄道省鷹取工場製(製造番号53)。戦後は吹田ー平ー水戸などを経て40年5月に渡道。池田ー新得ー釧路と根室本線沿いの機関区を移動した。43ー10に池田に戻り44年以降は長万部ー岩見沢ー小樽築港と道内を渡り歩いた猛者である。46年9月に岩見沢に戻りここが最後の地となった。蒸機最終期まで頑張り廃車は51年3月1日。同機は戦時設計の名残りを残すカマボコドームの他に煙室扉正面の上部が切り欠きになったままの顔付きが最大の特徴であった。


なお同機の動輪は遠く岡山県の「里庄町歴史民俗資料館」にも保存展示されている。


リストその2へ リストその3へ リストその4へ 型式・番号順リストへ 保存動輪トップへ トップページへ  
『鉄・街・道』掲示板 管理者へメール