保存動輪D51694

D51694動輪 島根県浜田市 JR山陰本線浜田駅前に保存(TADA様ご提供)

JR山陰本線の浜田駅前に腕木信号機などとともに展示されている。浜田はかつて「本州最後の蒸気機関車運転線区」のひとつ山陰本線の車両基地があり、当区に配置されたD51もその掉尾を飾るものであった。


刻印は機番とは別のものも見られる
D51694の刻印がはっきりわかる

 
駅も改築されすっきりとした浜田駅前の広場に展示されている

撮影日2015年9月5日「動輪の案内看板は無く、手前にあるプレートは『天皇行幸啓記念タイムカプセル 平成6年11月19日 浜田鉄道部』とあります。」(TADA様)


D51694
昭和17年(1942)10月、鉄道省鷹取工場製造(製造番号38)。主に関西地区を中心に活躍し、その後山陰本線筋に移動、鳥取・米子・浜田区と西へ移動し最後は浜田区にて昭和47年1月に廃車となった。


エピソード
同機の兄弟機のうち、ひとつ下の695号(五稜郭区廃車)の動輪が北海度旭川市の某所に保存?されている(詳細不明)。同機は1942年6月日立製造のため、竣工順では694号より兄にあたる。


リストその1へ リストその2へ リストその4へ 型式・番号順リストへ 保存動輪トップへ トップページへ  
『鉄・街・道』掲示板