汽車旅 中山道

 31 洗馬宿 

宿場名 洗馬 現在地名 長野県塩尻市洗馬 前宿場:塩尻 次宿場:三十町で本山宿

宿場時代の面影は少ないが町割りに名残を残している洗馬宿の本陣跡付近

行く手に木曽の山々を望む洗馬宿の町並み 平成26年(2014)撮影

洗馬宿は中山道と北国西街道の分岐点にあり、往時は貫目改め所もおかれ、本陣の庭の豪華さで名を知られるなどかなり栄えた宿場であった。しかし昭和初期の大火で宿内のほとんどの建物が焼失したため、街並の面影は薄れてしまったが、洗馬宿追分の道標や、歌にうたわれた細川幽斎肘懸松跡などが残り、わずかながら街道の雰囲気を残している。 ※大火…昭和7年(1932)4月6日のことで、全戸数240余のうち160余戸を焼失。

 
江戸方の北国西街道との分か去れの碑(1986年撮影) かつて洗馬駅にあったスタンプにも追分の道標が描かれていた

宿場を歩く 江戸方(追分方向)をみる

駅前にある洗馬宿の案内板、見所などが適切に書かれていて宿場訪問の助けになる
洗馬駅を降り、目の前の広場を抜けるとそこはもう洗馬宿の中心で、中山道が目の前を通っている
宿場の江戸方は北国西街道との分岐点「分か去れ」になっていて道標などが建つ

宿内の中山道には現在塩尻市のコミュニティバス「すてっぷくん」(宗賀線)が走っていて、宿場内には江戸方から「旧農協前」「洗馬駅口」「万福寺口」「洗馬公園」の四カ所のバス停がある

塩尻市地域振興バス すてっぷくん

塩尻駅からほぼ旧中山道に沿って日出塩上まで一日約5往復、この他日出塩(本山宿)からさらに先の贄川や奈良井方面へ行く楢川線(ただし洗馬局前や洗馬駅口など一部のバス停には停まらない)のバスも同じく5往復程度運行されている。中央本線の列車が少ないので洗馬・本山・贄川・奈良井宿などを訪問する際には便利である。


本陣・脇本陣跡

往時は名所とうたわれた庭を持っていた本陣・百瀬家跡には古風な洋館が建っている
本陣跡を示す標示柱 隣の説明板は洗馬宿全体のものとしても役立つ

洗馬宿の本陣・脇本陣は洗馬駅から街道に出たところからほぼ並んで建っていた。というよりどちらも広大な庭園や敷地を持っていたのが洗馬駅設置の際、その多くが用地としてとられてしまったため駅を降りた時点ですでに本陣の中に入っていたことになる。本陣は上の問屋も兼任し、三沢氏ののち百瀬氏が勤め、脇本陣は下の問屋を兼ねて志村氏であった。
その本陣跡にはコンクリート塀に沿って「洗馬宿本陣跡」と書かれた標示柱が立つ。その横には洗馬宿全体の説明板も貼られている。本陣の建物は無論ないが、跡に建っている建造物も昔の洋館風で味わいがある。

脇本陣跡・志村家に建つ明治天皇御小休の碑

志村脇本陣跡には「洗馬宿脇本陣跡」の標示柱が建ち、敷地内には「明治天皇御駐輦之處」の石碑も建つ。明治初期には志村氏宅も有名で、その庭の豪華さで明治天皇も御巡幸の際、本陣ではなく脇本陣をよく利用されたらしい。

脇本陣跡もおなじように標示柱が街道に沿って建っている 江戸方向に向かって本陣と並んでいたのであろう

郵便局と風景印

宿場の追分から少し塩尻寄りにある洗馬郵便局 局の前に「洗馬局前」のバス停がある 1989年撮影

※洗馬局の風景印は「(あふたの)清水碑と緑柚水瓶、追分道標にキキョウと北アルプス」というもので、宿場にちなんだ図柄も入っている(画像は準備中)

郵便局の前に松本電鉄バス「洗馬局前」(現:地域振興バス)のバス停がある 1989年撮影

京方 高札場跡

京方の宿外れには高札場があり、現在はその跡に中山道洗馬宿の石碑などが建っている

このモニュメントは「中山道」の標示柱を中心に「洗馬宿」と彫られた石碑と「木曽街道六拾九次・洗馬宿」の文字と隣に広重の洗馬宿の絵を写したものをはめ込んだもので、周辺の塩尻宿・本山宿などにも同じ様式のものが設置されている。(浮世絵は当然、塩尻は英泉、本山は広重のもの)なお塩尻・本山はともに本陣跡の敷地に設置されているが、洗馬はスペースがなかったのか、この宿場外れの高札場跡に設置されている


 
「中山道」の標示と石に刻まれた「洗馬宿」の文字 右は地元の洗馬宿の観光案内パンフレット
広重の名作といわれている「洗馬」の図が描かれている

高札場跡 ここ宿場の京方の外れ神明宮入口の南側に高札場があった。宿場廃止後は裁判所の出張所などを経て昭和34年(1959)までは旧宗賀村役場があった。現在この跡地は公園になり、中山道に沿って洗馬宿の標示柱やモニュメントなどが設置されている。

ここを過ぎると中山道はやや下り坂になり次の本山宿へと向かってゆく

洗馬宿その2へ
※「汽車旅 中山道」はまだ製作途中です。他宿場へのリンクはまだ一部をのぞいて開通していません。
30塩尻宿へ 32本山宿へ トップページへ  
『鉄・街・道』掲示板