保存動輪 D51816(第4)

D51816動輪(第4)新潟県新潟市北区 市立太田小学校に保存(ひぐま3号様御提供 3枚共)

小学校の校庭にコンクリート枕木の上に鎮座

設置時(碑文には昭和52年5月定置とある)は所在地は(旧)豊栄市だった。


 
軸部とタイヤ部分の塗装が気になるがいい感じで褪せているようだ

傍らの碑文はあっさりとした説明と協賛者の明記のみ。立派な石碑なので動輪主の履歴や設置の由来などが書いてあればなお良かった。


※この動輪は教育施設(小学校)内にありますので、見学その他の場合は所有者の許可などを得てからなどの配慮をお願い致します。

D51816
昭和18年10月24日、三菱重工業製(製造番号385)。新製配置は山陽路と思われる。昭和22年には糸崎に配置。その後北上し白河区に在籍し東北本線を走る。一時高崎一などに籍を置いたが40年代に渡道し鷲別ー追分と蒸機最終期まで活躍した。廃車は昭和50年12月3日、追分区。
なお同機の第3動輪が北海道鉄道技術館(苗穂)に保存されている。画像はこちら。なお同館内に前頭部(煙室扉部分・ナンバープレート・前照灯のみ)も保存。

※主な配置記録
昭和22糸崎ー23糸崎ー30白河ー32白河ー36高崎一ー41鷲別ー42鷲別ー43鷲別ー45鷲別ー46鷲別ー47鷲別ー50追分 50ー12ー3追分×


エピソード1

 


※同市内のJR豊栄駅前にもD51動輪(193号?)が保存されている。画像はこちら
リストその1へ リストその3へ リストその4へ 型式・番号順リストへ 保存動輪トップへ トップページへ  
『鉄・街・道』掲示板 管理者へメール